ピューレパールは肌を黒ずみ状態から救うジェルです

ピューレパール おすすめ
肌には、皮膚の薄い部分と厚い部分が存在します。「面の皮が厚い」といわれたりしますが、おしなべて通年で外気や水などにさらされやすい部位の肌は、皮膚が厚く出来ています。物をつかんだりする手のひらなどは、大変皮膚の皮が厚いわけです。

こうした場所では、黒ずみはそんな簡単に起こりません。逆に、黒ずみが起こりやすいのは、言うまでもなく皮膚の薄い部分です。

薄いと言うことは、それだけデリケートな肌をしているため、外部からの刺激に敏感に変化せざるを得ないことを意味します。

黒ずみと言う現象も、外部から加えられた刺激に対する、肌が肌を守るために取る変化なのです。

では何故、黒ずむと肌が守られるかと言いますと、刺激に弱い薄い皮膚にメラニン色素を定着させることで、そのぶん皮膚が厚くなるため、刺激に耐えられるようになるからです。

例えば、ワキであればカミソリやレディースシェーバーなどで剃毛を繰り返したり、あるいは脱毛器で脱毛したりしますと、黒ずんで来るのは、こうした強い刺激に対して、肌を守るために肌が取る本能的なメカニズムでもあるわけです。

また夏場に用いられる制汗剤も、黒ずみを作る原因と言われるようになってきました。

それでは、こうした黒ずみが起きてしまった、言い換えればメラニン色素が定着し始めてしまった肌はどうすればいいのか?

まず、原因を作ってしまったカミソリ、シェーバー、制汗剤の類の使用を止めることですが、いったん黒ずんだ肌は簡単なことでは元に戻りません。

ですが、皮膚には再生する力が自ずから備わっています。

黒ずみとは、その再生力が低下した状態でもあるわけですから、なんらかの方法で再生力を高めていくことで、少しでも早く黒ずみ状態を脱することが出来るようになると考えるのは、ごく自然な解決法と言えるでしょう。

そのためには、黒ずんだ肌に潤い成分をたっぷりと与えることが、とても大事な処方となります。

「ピューレパール」はそのために開発された、ワキの黒ずみ対策用のジェルです。

配合されている主成分を見てみますと、トリプルヒアルロン酸、グリチルリチンサン2K、コラーゲン、プラセンタ、セラミド、天然ビタミンE、米ぬかエキスと、美容に重要な七大成分がそっくり含有されていることが分かります。

こうした成分の中でも特に、コラーゲンやヒアルロン酸は、保湿力にすぐれ、肌に潤いとしっとり感を与えることで定評があります。

つまり「ピューレパール」を使えば、黒ずみ状態を脱するために再生力が高められると同時に、肌の大敵である乾燥からも、ワキがしっかりガードされるわけです。